2019年4月7日日曜日

桃源郷の春

私の 桃源郷 にも   春が舞っている

昨年   中学生と植えた、水仙や、チューリップ、ムスカリが

花を咲かせた。

まるで子供の絵のような光景で

微笑ましく、暖かな ささやかな  花の庭。

大好きな ターシャテューダーさんが

球根の探索機があったらほしいわ!って

本に書いてあったけど、庭を持つとその気持ち

がとてもわかった。

 掘ったら、球根、、、、、

あれ、こんな場所に植えて!と忘れてしまうから。

花が咲き乱れる  夢のような庭を 作るのが

私の夢なので  今年も  地道に 球根を  植えていこうと思う。

ハナミズキ、セイヨウニンジンボク、チョウセンカズラ、

八重桜、を    4月になって  植えた。

大きくなるで  何十年かかることでしょうか?

モクレンの花、  クチナシ、しだれ桜、イチヂク、

祇園棒柿、  プルーン、茶の木、まだまだ

植えたい  植物たちがたくさんある。。。

今年、初めて  藍の種を蒔いた。

芽がでるといいな  毎日見守って、、、

千なり瓢箪、大瓢箪、と今年も沢山実りますように

畑を拡大して  本格的に棚を作る予定。

築約100年の古民家に引っ越して もうすぐ一年。

理想と現実 に   四苦八苦しながらも、必死に

暮らしを真っ向から向き合った一年だった。



ここにきてやっぱり、思うことは、私には、

いや人間には  、、、土と太陽が必要だ思う。

土にふれる時、種を蒔いたあと見上げる空、

山から覗く  太陽に  拝まずにはいれない。

空を自由に  羽ばたく  鳥たち、とんびの旋回、

川と山に  はさまれた散歩道からの  植物からの教え

薪暮らしは   想像以上に大変で   半ば  やっきになって

薪割りをしたこともあった、、、そんな時は

決まって  身体を壊す。

薪割りも心は  軽やかな方がいいのだな と

無心に  と   教わった。

木たちは  生きて  私達の 火にかわり

暖めてくれる  そんな  ような  ことは

当たり前なことだけれども、、、

本当に心から  命をあたえてくれる存在だと感動する

薪風呂  一年やってみて、、、やっと、昨日

いい頃合の 温度で  湯を  沸かせた。!

いい頃合  に   辿り着けるまで  一年もかかった

改装は  一年もあれば出来るだろうと

安易な考えも  崩れ、

地道に  10年だ。と   思い知った。

1人でやるには  広すぎる  広大な土地と家

色んな人の助けがあり、ここまで形に

なってなんとか暮らしていけるのも

皆みな様の、家族の、愛おしい人達の

お陰様です。

人の寝息が  あること  に   涙が出た。

呼吸している   音というのは  涙が出る。

呼吸しているだけで生きてるだけでいいのに

なぜ人は  何かをやろうとするのだろうか?

なぜ   だろうか。。。永遠の問いは永遠に任せた。

それでも、土を触り、種をまき、 桑をふり、

人間らしく  自然の中に 生きる しかない。

もう少し、  自然の、声を聞けたなら、

もう少し、身体の声を聞けたなら、

もう少し、  心の声を 聞けたなら、


そうやって

なんども  春を迎え、夏を迎え、秋を迎え、



冬を迎え、  、、、


 朽ちていくんだろぅな



今   この瞬間、  桜が

満開になって   散っていくように


私も

満開になって


  咲いて


 散る。




無数の小さな命が   一生懸命生きている


野に垂れ伏せて  

大地に ハグをし

天を仰ぐ


この土地を


あいしてます


あいしてます


神様、ありがとう

出会わせてくれて

ありがとう。

ありがとう。



冬をこえれた。。。











2019年2月22日金曜日

Kaori

マンサクの花  と

はじめて出会った

私は   お花と出会ったら必ず

香りを嗅いでしまう

習性がありますので

そのとおり   花と鼻を近づけて


マンサクの花は

ほんのりと香り

何故だか、忘れさられた

過去を思い起こしてくれた

それは古い記憶

昔可愛がっていたバービーちゃんの

頭の古くさい

 プラスチックのかおり

。。。


お友達に   そう  つげると

伝わったみたいで、あっほんとだ!

と  微笑んだ。


古い人形の頭の匂いが

伝わる素晴らしさ




かおりって     不思議な記憶を


紐解いてくれる


たまに   乾いたアスファルトと土ぼこり

に ドブの匂いと   尿が混ざったような   時



風と太陽が   それに一致したとき


インドのあの路地裏の   風景が蘇ってくる


かおり  は   一瞬で

全てをもっていく




******
          **



さあ    かおりが


春をつれてきたのだ





お隣の   梅の花が  ほころび

かおりを  運ぶ



大好きな   水仙が  芽を出した頃



玄関に生けた   蠟梅の花が


朽ちてもなお  かおりを放つ


ヒヤシンスたちが

爛々と        キッチンの傍らで


おられる。


あぁ。
















遠くから運ばれた




大好き  な  フランキンセンスの精油が


みててしもうた。




私は    このフランキンセンスに



魅了され    ている。  


いつか  生で出会いたい植物だな。


ありがとフランキンセンス


わたしを助けてくれて


○*・


あぁ

クチナシの花が   咲く庭にしよう

金木犀は少しづつ   根付いているだろうか



さぁ


春が   むくむくと



芽を出してきた




植物たちの   目覚めが   きた





かおり   を


 はこんで


おくれ







つらなり


かおる




生命の唄







きこえるだろうか




きこえない



うたを



きいているように




耳をすまして



2019年1月31日木曜日


○ ○

+
・・・
・・



鳥たちが
いつもお庭に
羽根の
ギフトを
おとして
くれるように

天から
ギフトが
降ってきた

それは
私の好きな
予想外の
創造で
起こっていて
驚きの
再会

今までの全てが
繋がっていった

自然のまま
羽ばたく鳥たち

いつも魅せてくれる
山に登り
御礼

儀式

創造をはるかに超えていく

道は
縁だ

全てを天に委ね

日々
精進いたします

繋いでくれた
spiritたち
ご先祖様
大いなる存在

どうもありがとう。

謙虚に
真っ直ぐ
この羽根の
ように
生きます ○

もうすぐ
立春

そして2019年
幕開け ・




Love is
All over
+
+
+

フキノトウ

探したり 🍃

春を

みつけよう
*・*  
   *
   *

でも…… 私はやっと

冬が好きになった

かも …
… … … …

🦆🦆………
……………………

永遠の一瞬
愛おしさに
ただ在る


#笑う門には福来る
#瓢箪から駒
#六瓢息災
#五穀豊穰
#whitesage
#feather
#木彫り
#gift

2019年1月17日木曜日

9 = yes



Yes!


もう素直に  


はい、yes!の感覚




キーワード


Yes!   の   今




そんなように思う。




No.9  =yes!



みたいな


伝わるかぃ?



「ものごとが起こるときは

いっぺんに起こりだすんだ」


と。



とめどない


川の流れと


波の連なり


お天気と心



誰かが苦しんでいる裏側で

誰かが幸せにいる裏側で


どちらも一緒に体験しているな


って思うて、その優しさに


涙をした。




真っ黒な瞳に浮かぶ透明な雫



あの瞳を   忘れない。





またね!





ひたいにキスをした。




お花に包まれた美しい姿




大好きな人は   星になって



また      泳いでいる。



全部の思い出が




美しい瞬間でした。




そう、だから



私は   Yes!




ありがとう。





と  告げる。





蝋梅の花の香りに


水仙の花の香りに


あなたの事を思いだすよ。






9





Yes !







またね







2018年12月21日金曜日

in yo

陰極まって よー

さあ 変化を迎えてる皆様 世界 宇宙 地球 

全て を  抱きしめて。。。。


あるがままで いる

あるがままで いる



受容 
みつめる
変容
脱皮

途方


瞬間に 素直でいる

蓋をしたものをあける

しまう あける すこしあける 笑



手を放す
執着
嫉妬
エゴ
悲しみ
喜び
怒り



全部 出して 

むきあう

パンドラの箱って このこと


逃げる
観ない

意識
怠け者



全部 



わたし


わたしは 誰だ?



また たちもどる


小さな 子供の わたし と


遊ぶ 

うたう 

おどる

かく

つくる

かく


ねる

たべる







シンプル




ふくざつ






した




大人

子供




みんな



全部  愛してます。



幼い わたしは



わたしが 大好きです



ああ



ありがとう

お父さん

お母さん

おじいちゃん


おばあちゃん


おばちゃん


ねえちゃん


せんせい

ともだち

こどもたち
いぬたち

ねこたち

うまたち

とりたち

さかなたち

いるかたち

くじらたち

しょくぶつたち

にじたち


はなたち




みんなを


おもうと


いとおしくて


しょうがない








ありがとう。



ありがとう







何千回も

何万回も




唱えても



きりがないくらい


ありがとうございます。

ごめんなさい


ゆるしてください


あいしてます


BLESS




ALL IS LOVE

LOVE 
IS
ALL
OVER




HUG HUG


2018年12月17日月曜日

12/20[カルマン]LIVE@otis!





☆彡

hyoutami 新暦最後の唄い納めLIVE

☆彡



カルマンLiveのおしらせ〜
 

 12/20(木)

 広島 OTIS!

 【時】18:30開場 / 19:30開演

 【所】OTIS!(広島市中区加古町1-20)

 【金】予約3000円 (1drink付)
 当日3,500円

 【出】ヤイニレラ(OA)

*佐伯、ウード、ギター、三線
*Namihey ,ダルシマー、ダラブッカ、ジャンベ
*hyoutami .VO、ギターウクレレ

 / カルマン
*小松崎さん ハンマーダルシマー
*バウロントシさん、バウロン
*岡林さん、馬頭琴、ホーミー

 【問】082-249-3885 / otis.s@nifty.com
 
 
 
是非聴きに来てください〜〜
 
💛
 





                                  〆


2018年11月30日金曜日

12/6「冬むかえの音楽会」@holoholostore

12月6日
「冬むかえの音楽会」
      +
「Rainbow Warriors Gathering !」


呼びかけ文
虹の戦士の伝説 

 「人類の存続が危ぶまれるとき、虹の戦士が各地に現れるだろう。
その人達は、いにしえからの智慧を持ち、愛と平和を実践し、
人種や宗教の違いを越え、人々と世界の健康を取り戻す鍵となるだろう」

この伝説はネイティブアメリカン、
クリー族などに伝わる伝説です。

...
この伝説が伝えているメッセージをもう一度皆で確認し、
そして、如何にこのメッセージを現実に活かしていけるか?
そのことを感じ合えるギャザリングになったらと願っています。
昨年亡くなった、伝説のネイティブアメリカン、デニス・バンクス師は
ネイティブの智慧を私達に伝えてくれました。
「先ず母なる地球とあなたとの関係性を学びなさい。
そして母なる地球があなたを愛してくれるように他を愛しなさい」
「Be of One Mind 心をひとつにしなさい」
「All Life is Sacred 全ての命は聖なるものである」
このような智慧が虹の戦士の伝説を成就させていく、
大切な鍵になっていくと思います。
メッセージを確認する為にトークしメッセージのエネルギーを分かち合う為に、
音楽を奏でそのエネルギーで心を一つにする為に、
輪になって一体感を味わえたらと思っています。
是非、皆さんお集り下さい。
よろしくお願いします。
ホーミタクエオヤシン



 

◎open13:00~


 「羊毛つむぎとフェルトWS」
安芸高田より🐑「土井さん」がおしえてくださいます!

「 ハイチャイ」出店
インドカリーとエチオピアン珈琲、サータアンダギー

「ひょうたん堂」出店
おでん・油みそ・胡麻団子




◎live!

start18:30(chege1500円)

出演
 

7G山ちゃん率いる 
「Mother earth conections」 、

ハワイ島カロコの森より
「菅原真樹さん」、

安芸太田町より
「hyoutami」

朗読と音楽、母なる大地に想いを寄せて祈り、
トーキングサークルの
時間を持ちたいと思います。




Holoholostore
広島県山県郡安芸太田町加計3438, 7313501

FBイベントページ↓
https://www.facebook.com/events/492265287924019/
HOLOHOLOSTOREは12月7日より3月いっぱいまでお休みをいただきます。



「Mother earth conections」 プロフィール
ネイティブから直接伝えてもらった智慧をシェアする。
今回のイベントを企画しているのは7Generations Walkです。
代表の山田は昨年の10月に亡くなった伝説のインディアン、
デニスバンクス師より約20年に渡り、直接教えをいただき、
共に活動し、祈らせていただいてきました。
その活動の中で虹の戦士の伝説で語られている
「魂が帰ってくる」ような体験を沢山させていただいてきました。
伝説はフィクションではなく、私達の体験を促し、現実に繋げていくものです。
2016年まではデニス師と共に何度も日本をツアーし、
皆とそんな智慧と体験を分かち合おうとしてきました。
その意志と祈りは継続していきますし、それは、7世代前のご先祖様が伝え、
私達が7世代先の子供達へ伝えていくべきことと感じています。
今回のツアーもその教えと流れの中にあります。
祈りを生活に Mother Earth Connections
智慧や体験を如何に分かち合い、生活に活かして
いくか?その一つの答えとして音楽があります。
ネイティブの祈りに関わり母なる地球の愛を歌ってきた「雅紀与」と、
ガーナに伝わるメディスンドラムを演奏する廣井、
7GWalkの山田で「Mother Earth Connections」というバンドを作りました。
全会場でこの音楽にのせてメッセージと愛とエネルギーを分かち合い、
智慧を分ち合う為にトークもさせていただきます。
各地での出演者や参加者の皆との交流を楽しみにしています。
Rainbow Warriors Gathering




『菅原真樹 プロフィール』
1963年西宮市甲子園生まれ。ハワイ島コナ在住。IMG_1280...
大阪芸術大学にて音楽学と声楽を学び、外航客船Oceanic Grace号Cruise Directorを経て、ハワイ島コナの海で潜水プロガイドとなる。この三つは小学生に描いた夢であった。

琉球空手を小学二年より学ぶ。武道から潜在能力を引き出すトレーニングメソッドで日本フリーダイビング女子チャンピオンを育てる。その後、日本ナショナルチーム監督就任、2002年世界選手権でアジア初の男女共総合銅、銀に貢献する。
世界的報道写真家集団「MAGNUM PHOTOS」メンバーAbbas氏から直接指導を受け、その後、本格的な写真の世界に入る。その後、フォトドキュメンタリー「大海女を製作。欧州各国の国際水中映像祭に招かれ、プロ部門で数々のAWARDを受ける。
2004年、ハワイ島のフアラライ山麓のカロコの森と関わる。森の土地の売買、破壊からまもり、この森をハワイの土地に戻すことを目標とした、森や海の力に触れて静養、リハビリができる宿泊施設「Kaloko House」を主宰。
2007年頃からハワイのカフナ達との深い交流がはじまり、その後、アメリカ先住民族ラコタ族のサンダンスの儀式に招かれ参加、後にメンズサンダンスリーダーを務める。ハワイの伝統航海術を駆使するカヌー「Hōkūleʻa」「Makali’i」でメディスンマン、料理長を担当する。
Life Work
全国の小学校を訪問し、次世代に海や森のメッセージを伝える地球環境授業を行うボランティア活動を一生続けること。
ひとりからはじめる未来の世代に繋げる「7カヌープロジェクト」として、海洋漂流ゴミ、電子ゴミのリサイクル処理、海水、汚水から飲料水作り、食用ゴミから1日で堆肥作り、自家発電、放射能瓦礫中和などが可能となる環境汚染を出さない完全リサイクル最新技術を駆使し、深刻な環境問題に瀕している地域での問題を解決し循環社会へ向かうための実践行動と、次世代への環境教育プログラムを合わせた大学作り。社会貢献を実現するための準備を進めている。
ハワイ島にて心と体を癒す「カロコヒーリングセンター」を運営。本当の健康の追求をライフスタイルレベルで提案している。
自然写真家として、ハワイ島の大自然の中、日々ファインダー越しに奇跡を写している。
2016年3月4日、KADOKAWAより写真集「タマシイノヒトシズク」を出版。
次なるシーズンにむけてのギャザリングです。
遊びに来て来てくださいね🌸





                    hyoutami


土井さん